商売人の離婚には弁護士さんが必要と思います

商売人の夫婦の方へ忠告です。
夫婦の借金の連帯保証人になっていると大変です。
例えば、ご主人が借金し、奥さんが連帯保証人になったとします。
仮に離婚したとしても、貸付先は連帯保証人の奥さんも融資に契約していることとして、連帯保証人から抜けることに簡単に賛成してくれません。
しかも、連帯保証人では、貸付先が借りている方、連帯保証人どっちから貸金を回収しても問題はありません。
そのため、離婚したとしても前夫の借金の回収請求から抜けることはできません。
もし、離婚したいと考えた場合、どうしても財産分与や子供の親権に頭を悩まし、借金まで意識が向かず、後々苦労することがあると思います。
そこで、商売人のご夫婦は、もし離婚するなら弁護士を雇い、特に商売にかかる問題を精査してもらった方がいいと思います。
素人では気づかない離婚の隠れた問題を弁護士なら解決してくれると思います。

http://www.ciadosom.net/cia/