「キチン質連鎖」で日本人の健康を守る

富士バイオ株式会社は「キチン質連鎖」という発想を持っています。
これは自然界の食物連鎖に着想を得ているものです。
自然界では推定年間1,000億トンものキチンが生物生産されています。
この天然繊維質であるキチンは健康食品として多くの注目を集めているのです。
そのため、このキチン・キトサンの力を使うことによって、健康のサポートをすることができるのです。

そもそも、人類が古来からご馳走として愛してきた食材の多くにキチンが含まれています。
エビやカニの殻の部分、イカの軟骨、貝の器官、そしてきのこ全体などの海や山の幸にキチンが含まれていることから、人類はその存在を意識せずともキチン・キトサンの恩恵を受けてきたという歴史が見えてきます。
そのため、このような自然の恵みを意識して摂取することによって、より健康への近道が見えてくるのです。

富士バイオ株式会社は純国産の高品質キトサン原料にこだわって製品づくりをしています。
そのため、日本海の鳥取県境港で取れた天然ベニズワイガニの殻しか使用していません。
このように、素材にこだわるという製品づくりの第一歩を徹底しているため、その製品のクオリティにも妥協を許さないという姿勢が作られるのです。

http://www.ciadosom.net/cia/