相続診断士になるための注意点とは

不動産関連の資格で、最近になって特に注目度がアップしている資格が相続診断士という資格です。
こちらの資格は、不動産関連の資格の中でも、特に相続に特化した資格となっています。
日本国内では、相続関連のトラブルや相談が年々増加傾向にあります。
そういった相談は、不動産会社にも寄せられるようになっていて、不動産会社で働く際には、相続の知識が必須となっているのです。

相続の知識が全くないという方からしてみれば、この相続診断士の資格を取得するのは難しいと思われるかもしれません。
しかし、こちらの資格は、しっかりと試験勉強をしていれば、資格を取得するのはそれほど難しくないと言われています。

相続診断士は、民間資格ですので、国家資格よりも難易度は簡単です。
民間資格の中でも難易度は低い部類に入りますので、不動産関連の資格の中でもトップクラスの合格率を誇る資格となっています。
簡単なわりに需要が高いので、転職の際などに取得する方が増えているようです。
ただし、難易度が低いと言っても相続関連の民放の勉強は必須となります。
過去問はモチロンですが、勘違いしやすい文言も多くなっていますので、間違えないように不動産ココで紹介されている講座などを利用して、合格率を高めるようにしましょう。

http://www.ciadosom.net/cia/