新しいマネタイズポイントの創生

これまでの食品卸売業者はとにかく、「買って売る」。
つまり、仕入れ価格と販売価格の差益でしか収益を得ることがありませんでした。
しかし、従来の中間業者が介在している状態ではマージンが発生してしまうため、効率よく収益をあげることが難しいという実情があります。

さらに、この中間業者は平均7社という多さにも問題点が指摘されます。
中間業社の手に渡るためにコストが発生するだけではなく時間もロスするため、消費者の元に商品が届くまでの時間が長くなります。
また、生鮮食品の場合は鮮度が低下するため、生産者が食べて欲しいタイミングを逃してしまうかもしれません。

そのような問題点を解決するのが株式会社いずみホールディングスです。
こちらは生産者と消費者の距離を極力近づけることによってコスト発生を押さえます。
また、その他のマネタイズポイントを設けることによって、従来のシステムに依存しない新しい卸売市場の形を形成しているのです。

http://www.ciadosom.net/cia/